2018年11月13日火曜日

「異文化理解講座in四万十市」を開催しました。

 平成30年11月3日(土)四万十市役所303号室~304号室にて、「異文化理解講座in四万十市」を開催し、19名の参加がありました。今回は、高知市国際交流員 柳鶴太朗氏(アメリカ出身)と高知県協力交流研修員アティンパオ レーンリン ゴリンギャブ氏(フィリピン出身)の二人に講師に来てもらいました。

 まず初めに、高知県国際交流員 柳鶴 太朗 氏による「アメリカを知る~移民の歴史から~」では、アメリカが移民を受け入れてきた国であるということ(柳鶴氏も日系アメリカン2世)をわかりやすく説明してくれました。
アメリカの移民の歴史について説明しているところ

 次に、高知県協力交流研修員アティンパオ レーンリン ゴリンギャブ氏(フィリピン出身)による「フィリピンの子育て事情」で、フィリピンの国紹介、フィリピンの子育て事情と自身の子育てについてお話してもらいました。
フィリピンの子育て事情について説明しているところ

 参加者からは、アメリカについて、「アメリカは大好きですが、移民の歴史を知ってますます興味がわきました「日本との文化の違いがよくわかり面白かったです」、フィリピンについて、「フィリピンの幸福度3位、なんとなく納得。家族愛にあふれています」「昔の日本のことを思い出し懐かしくなりました」という感想をいただきました。

 また、「アメリカ、フィリピンとも、駆け足で旅行した感じでした。わかりやすく楽しく聞かせていただきました」「若い世代がお互いの国を理解することにより、仲良くなるきっかけになる。今後も地道に続けることが大切」というコメントもいただき、四万十市での開催を楽しみにしてくれている方々がいることを知りました。

 多くの皆様のご参加、ありがとうございました。

スタッフ 廣瀬留美子

0 件のコメント:

コメントを投稿