2018年10月9日火曜日

日本語ボランティア講師養成講座in土佐市 交流会

 9月22日(土)の1回目の講座に引き続き、10月7日(日)に2回目の講座を土佐市にて行いました。今回は高知日本語サロンの尾中美代子先生をお迎えし、日本語を教えるコツ、日本語ボランティアとしての心構え、やさしい日本語の使い方などを学習しました。

 やさしい日本語とは、だれに対してもわかりやすい日本語の表現のことで、短文で区切り文章の構造を簡単にする、名詞を動詞化せずに動詞文にする、あいまいな表現や二重否定は避けるなどのポイントがあります。災害時の外国人とのコミュニケーションにも役立つテクニックです。