2016年2月8日月曜日

平成27年度日本語ボランティア研修を開催しました

昨日の2月7日(日)の午前、高知市内のホテルの会議室において、当協会登録日本語ボランティア及び日本語教育経験者を対象とした「日本語ボランティア研修」を開催し、33名の方が受講されました。

講師は、上智大学の清水崇文先生で、前日の土曜日から高知入りし、任意団体「高知日本語サロン」の活動風景を視察されました。夕刻はその団体の主要メンバーと土佐料理で懇親を深められたようです。

7日の研修会では、「日常生活で役に立つコミュニケーション能力を育てる授業」というテーマで、3時間みっちりご講義をいただきました。

外国にルーツを持つ日本在住者が社会生活の様々な場面で「相手に配慮しながら言いたいことをしっかり伝える」力を身につけるためには、正確な文法能力の他に日本語を適切に伝える能力が欠かせない。日本語教育者はこの両者をバランスよく指導する必要がある、というのが本研修の趣旨だったように思います。

私のような日本語ボランティアでない者にとっても大変わかりやすい説明でしたので、きっと受講者の方も最後まで集中して講義を聞き理解することができたのではないかと思います。

28年度も同様の研修を開催する予定ですので、ご興味のある方は当協会までお問い合わせください。

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿