2015年10月19日月曜日

日本語ボランティア講師養成講座(初級コース)が終了しました

9月26日から4週連続で開講した日本語ボランティア講師養成講座(初級コース)が、10月17日に終了しました。最後まで残った20名が当協会の日本語ボランティア講師として登録されることになりました。

最初の3日間は主に座学、最終日は県内に住む留学生にご協力いただき実施されました。

簡単なロシア語を受講者に体験学習していただく「模擬ロシア語講座」では、ロシア出身のマリヤさんがロシア語講師役となり、自己紹介の仕方を繰り返しロシア語だけで受講者に教えていました。

勘の鋭い受講者は、マリヤさんが何を言っているのか、何をしてほしいのかをすぐに悟り、それに応じていましたが、そうでない人は少し時間がかかりました。やはり語学はセンスなのかな、と改めて思いました。

次に、受講者と留学生の1対1で日本語を実際に教えてみる体験型授業を行いました。受講者に事前に与えたトピックについて留学生と会話するものです。日本語がまあまあできる留学生もいればそうでない留学生もいて、外国語の会話も時々聞こえてきましたが、皆さん楽しく会話を続けていました。

実際に教えるというのは難しいと思いますが、教えるという姿勢ではなく「学び合う」という姿勢で日本語ボランティア講師に取り組めば案外続くのではないかと思います。

2016年2月7日に日本語ボランティア実践者対象の研修会を当協会主催で行う予定です。日本語ボランティア講師としてスタートラインに立ったばかりの受講修了者のこれからのご活躍をお祈りいたします。

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿