2015年1月26日月曜日

翻訳技能研修を開催しました

1月25日(日)午後、当協会登録語学ボランティアのための翻訳技能研修を開催し、26名の方が受講されました。

講師は、名古屋市にある金城学院大学の河原清志先生で、昨年の研修で講師となられた東京外国語大学の内藤稔先生からご紹介いただいた先生です。

うちのような県レベルの国際交流協会の間では名が知られている内藤先生とは違い、河原先生については良く知られていませんでしたので、実際にお会いして話をするまでは正直少し不安でした。

金城学院大学のHPのお顔から気さくな印象を持っていたので、実物もそうであって欲しいなと祈っていたところ、本当に気さくな方でした。会場の受付で待っていると、エレベーターからふらりと現れた時のお顔が、同大学のHPで見たものそのままでした。

ビジネス的な自己紹介を済ませた後、会場のセッティング等について打合せをしようと会場内に入ろうと歩き始めた次の瞬間、なにやら袋と小さな箱を取り出して「これお土産です」と手渡されました。全く予想外の展開に戸惑い、その場をどう繕って良いのか分からない状況となりました。講師としてわざわざ高知まで来ていただいた当協会の立場としては、こちらの方からお土産を渡さなければならない状況だったからです。

しかし、そんなことは気にも留めず、河原先生は大学の女子学生(同大学は名古屋では有名なお嬢様大学だそうです)に対して講義する時とおそらく同じ感覚で物腰柔らかく丁寧な講義をされました。

講師の選定や講師に対する気遣いは、時には苦労することもありますが、今回ほどのすがすがしさを感じたことはこれまでありませんでした。河原先生にはもちろん、河原先生をご紹介いただいた内藤先生に対しても、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿