2013年1月23日水曜日

24年度「災害時語学サポーター養成講座」WEB講義-当協会が実施する在住外国人向け南海地震対策-

ついに一連のWEB講義の最終章となりました。最終テーマは「当協会が実施する在住外国人向け南海地震対策」です。

前にも書きましたが、当協会がこの分野の仕事を本格的に開始したのは平成19年度です。

以来、数々の事業を手掛けてきましたが、個々の事業と各事業への災害時語学サポーターの関わりについて紹介することで、皆さんの今後の活動に示唆を与える内容にしたいと思います。

①6カ国語による南海地震に備えてのパンフレットの発行・配布
これは平成19年度に発行されました。6か国語とは以前も説明したように国籍別県内在住外国人数を各国籍の母語(または公用語)別で区分した時に上位6位を占める言語です。

このパンフレットと災害時語学サポーターの関わりですが、パンフレットの中身について検討・協議する作成委員会への出席及び翻訳の一部を担当していただきました。

このパンフレットの初版発行から5年が経過しようとしていますが、東日本大震災の発生を受けて、中身を見直す時期に来ています。

今後の予定ですが、高知県が25年度中に発行する計画がある新版「南海地震に備えちょき」の内容も参考にしながら、その見直しについて災害時語学サポーターとともに検討・協議し、可能であればその翻訳についてご協力をいただきたいと思っています。

②6カ国語によるHPでの防災情報の提供
これは①のパンフレットのWEB版(HTML形式及びPDF形式)を同じ年度に作成しました。中国語については音声でも聞くことができるようにしています。(シャドーイングの練習になりますよ)⇒
http://www.kochi-kia.or.jp/earthquake/index.htm

今後予定されるパンフレットの改訂版をWEB上で掲載するのはもちろんですが、地域ごとの津波浸水予想や震度の情報を多言語化しWEB上に掲載することを検討しており、この多言語化(翻訳)にも災害時語学サポーターのご協力をいただきたいと思っています。

③災害時語学サポーター養成講座の開催
これも平成19年度に初めて開催され現在に至っています。登録者数が100名を超えたことは以前のブログで紹介したとおりです。

④㈱エフエム高知との災害時語学サポーター派遣協定、放送訓練
この協定は平成20年8月に締結されたもので、災害発生後に当協会登録の災害時語学サポーターをエフエム高知に派遣し、ラジオの電波をとおして多言語で災害情報を提供するものです。

そのための放送訓練を災害時語学サポーターに参加していただき防災週間期間中に行っていました。

⑤6カ国語による折りたたみ式災害用携帯カードの作成・配布
在住外国人が常時携帯している在留カードと同サイズの折りたたみ式カードを作成し、希望者に配布しています。

災害用伝言ダイヤル171の他、110番や119番の緊急時の番号も載せていますので、災害時以外でも利用できます。また生き抜くのに必要と思われる短文も用意しています。

これについても①のパンフレットと同様、災害時語学サポーターにはその中身について検討・協議する作成委員会への出席と翻訳の一部を担当していただきました。

⑥在住外国人対象の防災訓練の実施
南国市内を会場に平成20年度から3か年実施しました。災害時語学サポーターには参加外国人の通訳として参加していただきました。

⑦やさしい日本語による南海地震に備えようパンフレットの作成・配布
6か国語で対応できない県内在住外国人のためにと思って作成したものです。対象の県内在住外国人は約300人います。

外国人が受験する日本語能力検定試験の最低基準の単語・文法・構文で作ろうとしましたが、やはり限界がありました。

やさしい日本語についての全国統一基準がなく、この分野の研究は全国的な課題だと思います。

この冊子の作成に当たっては、日本語を在住外国人にボランティアで教える民間組織「高知日本語サロン」の有志の方からご協力をいただきました。

⑧6カ国語版の応急手当マニュアルの作成・配布
応急手当(心肺蘇生法・止血法・固定法・搬送法)について6か国語に翻訳したものを1冊のファイルにまとめたものです。

地域の防災訓練に在住外国人が参加した際に言葉の壁を取り払っていただこうと思い作成しました。

これについても災害時語学サポーターに一部翻訳していただきました。

⑨来日直後の外国人を対象にした生活オリエンテーションでの講義
これは最近力を入れていることですが、来日してしばらく経った外国人よりも来日直後の外国人に啓発するほうが効果的との考えから、警察署等で実施される防犯・交通安全講習の一部の時間を利用させていただき、南海地震対策について講義しています。

講義内容は、このWEB講義で紹介した「在住外国人の地震や津波に対する備え①②③」です。

25年度はこの分野にもっと力を入れていきたいと思っていますので、災害時語学サポーターのご協力(通訳)をお願いしたいと思っています。

以上で一連の「災害時語学サポーター養成講座」WEB講義を終了します。長くお付き合いいただきありがとうございました。

あなたの語学力を在住外国人のために役に立てたいとお考えの方は、是非、2月2日(土)開催の本講座にご参加ください。申込方法等詳細については以下のHPをご覧ください。
http://www.kochi-kia.or.jp/info/lecture.html#kochi

お待ちしております。

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿