2012年6月25日月曜日

2012ジュニア国際大学を開催しました

ネパールについての〇×クイズ
先日の6月23日(土)、いの町にある青少年の家で恒例のジュニア国際大学を開催しました。今年は県内の小学4年生9人、5年生4人、6年生8人の計21人が参加しましたが、これに高知大学の学生7人が加わり、小学生の勉強のサポートを行いました。


コンゴ民主共和国の遊び
1時間目と2時間目は民族衣装を身にまとった日本人講師による「世界の国からこんにちは」の歌と「ネパールについての〇×クイズ」。昼食休憩を挟み3時間目と4時間目は5カ国の外国人講師によるその国の遊びをその国の言葉を使って体験する授業。5時間目はJICA(国際協力機構)職員によるぬり絵を使っての非識字疑似体験をとおした多文化共生の勉強でした。

イスの裏を覗いて答えを探す
1時間目から5時間目までイスにじっと座って受動的に学習するものではなく、どこか体を動かしながら頭も動かさないといけない授業でしたので、子どもたちはさぞ疲れたことと思います。だけど、学校ではなかなか体験できない授業内容ばかりでしたので、きっと充実した1日を過ごせたことでしょう。

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿