2012年5月12日土曜日

今年の国際観光ボランティアガイド養成講座が始まりました

今日5月12日、今年の国際観光ボランティアガイド養成講座が始まりました。今日と5月19日、26日の3日間で高知城と桂浜を中国語または韓国語で観光案内できるよう勉強します。

受講者は全部で5名と少なかったものの、ネイティブスピーカーが2名含まれ、その他には通訳案内士の国家資格を取得している方もおり、受講者のレベルはこれまでより数段高いものでした。

今日は桂浜のガイドポイントについて勉強しました。桂浜と言えば「坂本龍馬」の銅像です。幕末のヒーローをどう外国人に分かりやすく説明するかが桂浜ガイドの最重要ポイントでしょう。

中国語グループでは、辛亥革命の指導者・孫文を引き合いに坂本龍馬を説明すると中国人や台湾人に理解されやすいのではという意見が出ていました。龍馬が生きた年代に起こった中国や韓国の歴史的出来事を押さえておくとガイドがより充実したものとなるのかもしれません。

来週は「高知城」の勉強です。また報告します。

関連リンク(国際観光の取り組み)↓
http://www.kochi-kia.or.jp/tourism/index.html

マネージャー 吉田

0 件のコメント:

コメントを投稿