2018年10月9日火曜日

日本語ボランティア講師養成講座in土佐市 交流会

 9月22日(土)の1回目の講座に引き続き、10月7日(日)に2回目の講座を土佐市にて行いました。今回は高知日本語サロンの尾中美代子先生をお迎えし、日本語を教えるコツ、日本語ボランティアとしての心構え、やさしい日本語の使い方などを学習しました。

 やさしい日本語とは、だれに対してもわかりやすい日本語の表現のことで、短文で区切り文章の構造を簡単にする、名詞を動詞化せずに動詞文にする、あいまいな表現や二重否定は避けるなどのポイントがあります。災害時の外国人とのコミュニケーションにも役立つテクニックです。

 

2018年9月25日火曜日

9/1 AMIGO キッチン(異文化理解講座in 四万十町)


9月1日(土)11:00~14:30、四万十町農村環境改善センター(四万十町高岡郡四万十町榊山町3-7)調理室にて、「AMIGO キッチン 異文化理解講座in四万十町」を開催し、小学生から一般の方々まで計23名の参加がありました。

8/21 親子で学ぶ国際理解講座inソーレ

8月21日(火)に「親子で学ぶ国際理解講座inソーレ 南米編 Vamos a comer comida Sudamericana(南米の料理を食べよう)」を開催しました。

今回は、高知県海外技術研修員である、パラグアイ出身の渡辺梅山ロベルト晃さん、ブラジル出身の山田ヴァネッサみどりさん、アルゼンチン出身の小椋フリオアルベルトさんを講師に招き、それぞれの国の料理を通して、南米文化を体験しました。


「親子で学ぶ国際理解講座inソーレ」を開催しました

平成30年8月16日(木)こうち男女共同参画センター「ソーレ」(高知市旭町3-115)にて、「親子で学ぶ国際理解講座inソーレ“Tìm hiểu về ẩm thực Việt Nam(ベトナム料理を知ろう)”」を開催し、計30名の参加がありました。今回は、ベトナム出身のグエン・ラン・フォンさんを講師に招き、フォーや春巻き、チェー作りを通してベトナム文化を体験しました。
チェー作りをしている様子

「親子で学ぶ国際理解講座in maruco」を開催しました

平成30年8月13日(月)製菓製パンの専門店「maruco」(高知市はりまや町2-11-8)にて、「親子で学ぶ国際理解講座in maruco “Let’s have afternoon tea!”」を開催し、午前の部、午後の部をあわせて34名の参加がありました。今回は、高知県の国際交流員ナオミ・ロングさん(イギリス)を講師に招き、スコーンやサンドイッチ作りを通してイギリス文化(アフタヌーンティー)を体験しました。
今日の料理について説明しているところ

2018年7月4日水曜日

「異文化理解講座inソーレ」を開催しました

 平成30年6月30日(土)こうち男女共同参画センター「ソーレ」視聴覚室にて、「異文化理解講座inソーレ」を開催し、33名の参加がありました。今回は高知工科大学大学院留学生(タイ出身)と高知県国際交流員(中国出身)の二人に講師に来てもらいました。

 高知へ来て5年目になるチャチャイ・ワナブーン(通称・:ビック)さんは、タイの国紹介の中で、宗教や食文化、日本と異なるところなどを詳しく話してくれました。最後に、タイの昆虫食文化についての動画をみていただきました。
タイの食文化について説明しているところ

2018年2月26日月曜日

平成29年度通訳技能研修を開催しました

 平成30年2月25日(土)午後1時半から4時半まで、高知共済会館の3階「藤」において、当協会登録語学ボランティアを対象とした通訳技能研修を開催し、23名の語学ボランティアが受講しました。


平成29年度高知県民間国際交流関係団体リーダー育成セミナーを開催しました

 平成30年2月24日(土)15時15分~16時30分に高知城ホールの2階「中会議室」において、民間国際交流関係団体の役員等を対象としたリーダー育成セミナーを開催し、31名が受講されました。


2017年12月27日水曜日

四万十市で在住外国人の防災に関するパネルを展示しました。

 平成29年12月16日(土)四万十市役所にて開催された異文化理解講座in四万十市に合わせて、在住外国人の防災に関するパネル展示や多言語の防災パンフレット・災害時携帯カード等の配布を行いました。














 
 多言語の防災パンフレット・災害時携帯カードは、当協会でも配布を行っています。お問い合わせは、電話088-875-0022、メールアドレス info_kia@kochi-kia.or.jp にお願いします。
 
 

「異文化理解講座in四万十市」を開催しました

 平成29年12月16日(土)四万十市役所会議室303~305号室にて「異文化理解講座in四万十市」を四万十市との共催で開催。高知県立大学から15名の参加者も交えて、計54名の参加がありました。今回は田小嬌さん(中国出身、四万十市の国際交流員)とナオミ・ロングさん(イギリス出身、高知県の国際交流員)の二人に講師に来てもらいました。

 四万十市の国際交流員として勤務されている田小嬌さんは、「あなたの知らない中国」というテーマで自国の紹介をし、すさまじい速さで発展をしている中国を紹介し、“現在の中国”を食文化や人々の生活を通して話してくれました。
中国に関する様々なデータを通して自国の説明をしている田さん

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の助成により「安徽大学さくらサイエンスプラン研修」を実施しました。

 平成29年12月3日(日)から9日(土)にかけて、中国・安徽大学の大学生及び大学院生16名と引率教員2名を招へいし、高知県内で「地震及び津波災害と防災技術」をテーマとして研修を実施しました。
 この事業は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)に当協会が申請し、「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」として採択されたもので、同機構の助成を受けて実施したものです。
 一行18名は、12月3日(日)午後に関西国際空港に到着後、高知市内に移動し、翌日から研修を開始しました。
 12月4日(月)には、高知工科大学を訪問し、地震及び津波に関する講義を受講した後、在校生との交流、キャンパス内見学を行いました。
 その後、株式会社技研製作所を訪問し、同社の概要について説明を受け、施設や製品等を見学しました。
 また、夜には高知県・安徽省友好交流委員会主催の歓迎会に出席しました。
(高知県・安徽省友好交流委員会主催歓迎会にて)















2017年12月4日月曜日

第2回親子で学ぶ国際理解講座を開催しました


12月2日(土)午前10時~午後1時、高知市旭町にある「ソーレ」の調理実習室で、県内の小学生とその保護者を対象とした国際理解講座を開催し、親子あわせて21名が参加しました。

2017年11月21日火曜日

安芸市で在住外国人の防災に関するパネルを展示しました

平成29年11月18日(土)安芸市健康ふれあいセンター元気館にて開催された異文化理解講座in安芸市に合わせて、在住外国人の防災に関するパネル展示や多言語の防災パンフレット・災害時携帯カード等の配布を行いました。
多言語の防災パンフレット・災害時携帯カードは、当協会でも配布を行っています。お問い合わせは、電話088-875-0022、メールアドレス info_kia@kochi-kia.or.jp にお願いします。

異文化理解講座 in 安芸市にて

平成29年11月18日(土)安芸市健康ふれあいセンター・元気館にて「異文化理解講座in安芸市」を安芸市との共催で開催し、24名の参加がありました。今回は日系3世の二人に講師に来てもらいました。

海外研修員として高知に来ている宮脇ルカスサビエルさんは、アルゼンチンの国の紹介し、食文化、人々の生活を詳しく話してくれました。最後に、アルゼンチンでの盆踊りについての動画をみていただきました。
アルゼンチン出身の宮脇ルカスサビエルさん

2017年8月3日木曜日

親子で学ぶ国際理解講座を開催しました

小学生の夏休み期間中の8月2日(水)に、インドネシア料理を作ることをとおして、子供たちの国際理解と親子の絆を深めてもらうことを目的に、高知市旭町にある「ソーレ」の調理実習室で親子で学ぶ国際理解講座を開催し、12家族31名(うち小学生18人)が参加しました。
講師のユリナワティさん